Drクレド、開業を目指す!!2ndステージ
神奈川県・藤沢市本鵠沼で2007年12月開業を果たしました! 診療や日々感じたことを綴っていきます♪
カレンダー(月別)

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



最近の記事



プロフィール

クレド

Author:クレド
神奈川県藤沢市「やなぎさわ歯科」院長

首都圏の某私立歯科大を2浪して合格、なんとか卒業・・・。
学生時代は目的意識も無く、ただ何となく生きていました。卒業したらポルシェが買える♪と思い込んでいましたが、そんな時代はとっくの昔に終了・・・。

臨床出てみるとえらい大変な世界じゃないですか!しかし臨床に出てみると学生時代には感じなかった面白さが♪

勤務先の院長、大学同窓会の先輩先生方、出入りの業者さん達に励まされつつ、2007年12月に独立を果たしました!

地域の皆様に信頼されるよう、毎日を一所懸命に生きたいと思います。

趣味:ホテルステイ、旅行、読書、ウォーキング、水泳、乗馬

ご意見、ご質問などは下記アドレスまでお気軽にどうぞ♪
credo6480@gmail.com



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



がんばれ!猫山先生
FBで知ったこちらのサイト
医学部行けば人生勝ちだと思っている人への処方箋(※劇薬注意)『がんばれ!猫山先生』
医科の先生の開業奮闘記?なのですが、共感できる話ばかり。。。
img_f53b7388bf294c187b1e8d7f26ec011d902573.png

早速買わせていただきました!!そうそう開業の時ってこんな感じだったなぁ
と懐かしい気持ち半分恐怖半分(笑)

DSC02649.jpg

ちなみにすでに過当競争に入って久しい歯科は、医科の先生に比べて辛さ5割増しってとこでしょうか (^^ゞ
さあ、今日も頑張りましょう!!


タックスヘイブン
待望の橘玲先生の新作 タックスヘイブン が発売されました!

9784344025639.jpg

去年ご本人にお会いした時「ぜひ名作マネーロンダリングの再来を!」と懇願しましたが
まさしく マネーロンダリング の再来です!

大事にちょっとずつ読んでいたのですが、つい引き込まれてしまい1週間で読み終えてしまいました(^^ゞ

※ amazon商品説明より転載

シンガポールでもっとも成功した日本人金融コンサルタント北川がホテルから墜落死した。死んだ北川の妻・紫帆は現地に、高校の同級生・牧島とシンガポールへ赴く。紫帆はそこで北川の現地妻と息子の存在を知る。北川は1000億円を扱うファンドマネージャーだったが、政治家や会社社長など、数々の顧客のプライベートバンクの口座に10億円、50億円規模で穴を開けていた。背後に見え隠れする、日本の首領が仕組んだブラジルへの原子力発電施設輸出計画とそれを見込んだファンドとその失敗。紫帆と大物政治家の過去。大物フィクサーの影と蠢く謎の仕手グループ。そして起こった大物政治家秘書の暗殺。北川の死は自殺か、それとも殺人か? 口座から消えた巨額の資金は、どこへ送られたのか!?

歯科医は倒産ラッシュなんですか!!
日経新聞の広告に載っていたいたので、買ってみました。

IMG_20130608_164548320.jpg

そんなに目新しい話は載っていませんでしたが
妙に変な記事も無く、きちんと取材をされたのが理解できます。

最近の歯科業界の疲弊で、歯学部・歯科衛生科ともに志願者が激減・・・。
自分の母校も含めて、いつ廃校になってもおかしくない歯科大学が
出てきてます。でも実際に母校が無くなると、どうなるのか?
いまいちイメージが沸きませんね。。。今度誰か教えてもらえませんか?

IMG_20130608_164942644.jpg

さらにこんな特集を組む雑誌も!(苦笑)

255BUNSET255D.jpg

毎年6月は歯科疾患予防月間で歯科は注目されるのですが
ちょっと傾向が違うような・・・。

あまり関係ない話ですが、「週間ダイヤモンド」も電子書籍で買えます。
試しに何冊か雑誌を電子書籍で買ってみたのですが
雑誌はまだ紙媒体のほうが楽チンな気が個人的にはしてます。

小説やビジネス書は電子書籍でもOKなんですが(※個人的感想です)



スティーブ・ジョブズ I
11.jpg

スティーブ・ジョブズ I

話題になっていたジョブスの伝記「スティーブ・ジョブズ I」をやっと読み終えました。

今ではすっかりパソコン音痴な自分ですが
意外なことに自分のパソコン(NEC製・PC-8801FH)を買ったのは1986年
確かまだ小学生だったと思います。

イメージキャラクターだった斉藤由貴さんも若いですね~

pc88.gif

当時は「マイクロソフト?ウインドウズ?って何?」という時代。
(ウインドウズ95が日本で大ヒットするのは95年頃、まだ大学生でした)
国内ではNEC(PC-88、98)富士通(FM-77)シャープ(X1)の御三家が
シェアのほとんどを占めていて、今の状況など夢にも思わなかったですね(苦笑)

images.jpg

当時、塾の先生が「マッキントッシュ」を買って自慢していたのを覚えています。
当時の価格はマッキントッシュ 512KBで 498,000円今考えると高いですね・・・。

images (1)

この伝記を読んで
当時アップルコンピュータを支持していた人たちの言っていることが
やっと分かった気がします。
(でも僕はWindows派なのですが

少し昔のことを思い出した、スティーブ・ジョブスのこの本でした


100%幸せな1%の人々
51kYD8IOEvL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

100%幸せな1%の人々

何回かご登場いただいている「45歳で引退」を目指している戸田さんから
「いつものお礼に」と書籍を頂きました

小林 正観さんのお名前は聞いたことがあるくらい
書籍を読んだのは初めてでした。

共感できるところ、そうでないところ
読んだ人それぞれだと思います。